〈事業レポート〉美味しさ満点!秋の青森の魅力を発信するオンライン体験イベント開催
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

〈事業レポート〉美味しさ満点!秋の青森の魅力を発信するオンライン体験イベント開催

観光DX推進プロジェクト

 四季折々の美しい景色に、伝統的な催事。多くの観光資源を持つ青森県もまた、コロナ禍で観光産業が厳しい状況です。また、観光客だけでなく、県外在住の青森出身者の帰省もままならない状況が続いています。

 そこでオンラインを通して青森の魅力や文化を発信しようと取り組んでいるのが、観光庁が主導する「来訪意欲を増進させるためのオンライン技術活用事業」に採択された「青森の夏・秋・冬の多彩な魅力を発信・交流するオンライン体験イベント事業」です。

 夏のねぶた、秋の収穫祭と、既に2度の配信イベントを終えている「青森オンライン魅力発信協議会」の皆さんに話を聞きました。

▼秋の味覚を伝える「青森おうちで大収穫祭」

 去る2021年10月30日、“ヤバすぎる秋をもぎ取ろう”というキャッチフレーズで開催された「青森おうちで大収穫祭」。りんごをはじめとする⻘森県が誇る多彩な農産物や、近海産の魚介類、そして日本酒と、郷土の味覚をたっぷり伝えたこのイベントは、2000人の視聴数を記録するなど、大きな盛り上がりを見せました。

 この日は午前10時に配信がスタート。りんご農園やシードル醸造所など、多彩な現場からのロケ映像が複数、並行して配信される構成で、青森らしさをフェス感覚で満喫できるのが特徴です。

 たとえば弘前市内のりんご農家、山田農園から中継されたコンテンツでは、収穫法や選別法、甘いりんごの見分け方など、日頃なにげなく口にしているりんごについて、さまざまな知識がレクチャーされました。

青森取材_002

 りんご畑の中を運搬車で進んでいき、オーナーの山田夫妻が慣れた手付きで次々に熟したりんごをもいでく様子から、実際に農園を訪れているような臨場感を覚えた人も多いでしょう。

 また、この配信に合わせて、出展農家の野菜が買えるポップアップストアが東京・世田谷区内に1日限定でオープン。都内で配信を見ていた視聴者が実際にショッピングに訪れるなど、こちらも好評を得ました。

「こうして都内にサテライトショップを用意することで、県出身者もそうでない方も、青森に対してより親近感を持ってもらえたのではないかと思います。オンライン上のイベントからリアルに誘導する取組に反響が得られたのは嬉しい成果ですね」(青森オンライン魅力発信協議会・佐藤大介氏)

青森_おうちで大収穫祭ライブ配信_画面キャプチャ

※「青森おうちで大収穫祭」アーカイブ動画はこちら>>>

▼三内丸山遺跡からの音楽ライブ配信も!

 今回の取組で伝えたのは食だけではありません。青森の芸術や文化を伝えるコンテンツも豊富に用意されました。

 たとえば、世界遺産登録されたばかりの三内丸山遺跡をステージに、縄文太鼓と津軽三味線のコラボレーションライブを行ったり、イベント開始と同時にりんご箱を用いたペイントアートを制作したり。また、弘前市のレンガ倉庫美術館からの生中継を含む、県内5大美術館をレポートするなど、芸術の秋にふさわしい内容となりました。

青森取材_003

 盛りだくさんの内容が詰め込まれた1日でしたが、取組の舞台裏ではさまざまな苦労もありました。前出の佐藤氏は次のように振り返ります。

「今回は初出展の方も多く、オンライン配信についての事前のレクチャーには、やはり一定の労力を要しました。また配信開始後には、リハーサルまで問題なかったWi-Fi環境が突然落ちてしまったり、スイッチャーが壊れて手動での切り替えを余儀なくされたりするなど、予期せぬトラブルも少なくありませんでした。こうした不測の事態は、どれだけ事前準備をしていてもやはり起こり得るものなので、毎回ヒヤヒヤさせられますね」(佐藤氏)

 それでも、晴天に恵まれたことで美しい自然の景色を届けられたのは幸いでした。特に三内丸山遺跡でのライブについては、「雨天時は急きょ屋内にステージを移す準備をしていましたが、晴れてくれて本当によかったです」と佐藤氏は胸をなでおろします。

 苦労も多かっただけに、得るものも多かった今回の取組。この経験は今後への貴重な糧となるでしょう。

「配信時間の設定として、今回のように丸1日かけて配信することが適切なのかどうかは、検証していく必要があるでしょう。また、オンラインのみで完結させず、青森ファンを育む場の提供や、モニターツアーとの連動など、リアルとの融合も進めていく必要があります。さらに、こうした取組を持続的なものにしていくためには、ツアー販売やEC強化につなげていかなければならず、まだまだ改善の余地はあると思っています」(同)

 現在は「オンライン青森冬景色」(2022年1月15日)の準備に余念がない「青森オンライン魅力発信協議会」の皆さん。観光客も県出身者も、どうぞお見逃しなく。

※「オンライン青森冬景色」の詳細は公式ウェブサイトで!>>>
https://onlineaomori.com/winter2022/

※東京赤坂と神戸では、1月15日限定でサテライト会場オープン!青森の新鮮食材が嗜めます!

【サテライト会場のご案内】
https://onlineaomori.com/winter2022/satellite/

「東京オーブン 赤坂」東京都港区赤坂3-18-1 ホテルリズベリオ赤坂 1F
10:00~17:30 フードコート&出張アンテナショップ
18:00~20:00 先着30名様限定!青森冬景色スペシャルコース

「青森ねぶた小屋 三宮本店」兵庫県神戸市中央区旭通5-322
18:00~20:00 青森冬景色 地酒フェア(※定員数に達したため予約受付は終了)

画像4

▼関連記事

最後に……
「観光」×「DX」で実現する新しい観光コンテンツの情報発信をTwitterでも日々つぶやいています。是非チェック&フォローをお願いします。 【Twitter】https://twitter.com/digitalxproject


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
観光DX推進プロジェクト
観光庁が推進する「観光DX」の公式アカウントです。 観光サービスの変革及び観光需要の創出を目指し、産学官一体となって取り組むプロジェクト。取組の狙いや最新情報を分かりやすくお伝えします。我が国の観光に新たな体験価値を!https://www.mlit.go.jp/kankocho